マンションナビは一括査定後のフォローやサポートがしっかりしている

マンションナビは一括査定後のフォローやサポートがしっかりしている post thumbnail image

マンションナビで一括査定をしたら、その後どんな手続きが待っているのでしょうか。

自分で不動産会社へ電話するの?近場の店舗へ出向いていかなくてはならないの?など、

気になるその後の流れをご紹介しましょう。

マンションナビの一括査定申し込み後の流れ

マンションナビでは、分譲マンションなどの売りたい物件情報をパソコンかスマホで入力するだけで、あっというまに一括査定の申し込みができます。その入力時間は、最短で45秒というからお手軽です。

でもその後は、割と時間がかかるのでは?と不安になる方も多いでしょう。

不動産情報を元に最適な会社が数社(最大で9社)紹介されるのは、入力直後です。その後査定を希望する会社を選ぶのですが、メールアドレスなど個人情報を入れたあと、チェックし申し込んだ会社が暫定の査定価格を出してくれるまでに数日かかります。

不動産会社によってそのかかる日数も連絡手段も違うのですが、メールや電話などで連絡が来たあと、郵送で査定書が送られてくるパターン、メールだけで査定書のデータが添付されてくるパターン、電話で査定額など詳細を伝えたあと訪問査定に誘われるパターンなど、様々です。

マンションナビのフォロー体制はすごかった

不動産会社からの査定結果は早くて1日、2日で届く場合もあるのですが、遅ければ3日経っても連絡がないような場合もあるようです。

そんな時、利用者側にとっては不安で仕方なくなりますよね。

マンションナビを使った場合、なんとマンションナビの事務局からフォローメールが送られてきて、不動産会社から一括査定の結果は届いておりますでしょうか?といった内容で確認してくれるのです。自動で一括メールが送られてくるのかもしれませんが、まずは査定依頼が完了した時点と、その後の連絡体制などが書かれたメールがあり、タイミングよく不動産会社の選び方などのアドバイスメールも送られてくるのです。

そのこまめなフォローっぷりも評判で、不動産業務の経験があるスタッフがしっかりサポートしてくれている安心感があるようです。

マンションナビで一括査定したあとは待って選んでそれからスタート

マンションナビで一括査定を依頼したあと、利用者自身で不動産会社へ連絡する必要はまったくありません。査定依頼はすでに済んでいるのですから、なんらかの手段で不動産会社から連絡してくるのを待つだけです。

その後、それぞれの対応と査定額をしっかり吟味し、さらに詳しい訪問査定などを依頼し、それから会社を決めて売却などのやりとりをスタートさせます。

ここまできたら、あとはもうその不動産会社とのやりとりがメインになってきますが、そこまではマンションナビの運営事務局が親身にサポートにまわってくれます。

中古マンションの売却などについての基礎知識なども豊富に掲載してありますので、一度は公式HPを隅々まで見てみましょう。不動産会社を選ぶ時の見極めポイントもたっくさん載っていますよ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です