マンションナビで売却相場価格をチェックしよう!売却するなら知るべきは相場価格

マンションナビで売却相場価格をチェックしよう!売却するなら知るべきは相場価格 post thumbnail image

マンションナビでは、ネット上で簡単に売却相場価格を割り出せます。

そのデータの信頼度は高く、今中古マンションを売りたい人の中では、最初に相場を調べるのが常識のようになりつつあります。

では実際、近年の中古物件の相場はどのくらいになっているのでしょうか。動向を調べてみました。

マンションの価格高騰はいつまで続くか

マンションに限らず、不動産の価値や価格って、時代や背景によってものすごく変動します。だからこそ、不動産投資なんてことが可能にもなるのですが、年々上がり下がりする相場価格は、できれば新しくて将来も予測できるようなデータが欲しいですよね。

例えば東京の分譲マンションはここ5年間で、平均900万円以上も高騰しています。これは新築マンションの数値ではありますが、中古マンションも、だいたい並行して上昇する傾向にありますので、おそらく今は価格高騰期に入っているのだろうと予想できます。

このように、何年分かの過去データがあれば、その裏にある出来事や地価と比較しつつ、今後上昇傾向にあるのか下降傾向にあるのか、ある程度予測しやすくなります。とはいえ、価格高騰がいつまで続くかなんて、不動産のプロでも読み切れないところがありますけどね。

マンションナビでの売却相場価格の調べ方

マンションナビでは、ネット上にマンションの売却相場価格を公開しているので、調べるのも簡単です。エリアによっても大幅に違うのが相場ですので、ぜひできるだけ正確で多くの情報を得たいですよね。

試しに東京で調べてみました。調べ方はとても簡単で、マンションナビの「エリアから」または「マップから」を選び、該当のマンション名をクリックするだけです。マンション名をクリックしてみると、価格評価の☆と共に、売却と賃貸の価格が出てきます。

それだけではなく、過去4年間の売却実例数と、いくらで売れたのかのデータも一緒に出てきます。と同時に、近隣の売出物件情報も見ることができ、様々な角度から自分の売りたい物件の相場を考えることができるのです。

マンションナビの売却相場価格を利用して素早く高く売ろう

中古分譲物件を売りたい人は、当然売値を自分で決めなくてはなりません。この時、もちろん高く売りたいと誰しもが考えるでしょう。

だからこそ一括査定をマンションナビなどを使って求めるのですが、破格な高さを提示してきた会社は要注意です。あらかじめ売却相場価格を知って、上にも下にもかけ離れた常識外れの価格になっていないかは、注意して見ておきましょう。

すぐに売れるかどうかは、売り手側の知識や下調べにもかかっています。ぜひ、素早く売り時を逃がさず、良い不動産会社と組んで利益を手に入れましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です